読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだか上手く生きれないOLのブログ

そんなにネガティブでは無い

2015年に見た映画で面白かったもの

2015年は48本の映画を見ました。

去年は映画館に一度しか行かず、DVDも全然借りなかったので

ほぼTVで放送されたものです。

(TVで放送される映画は、日本とアメリカのものが多いですね。)

 

その中から、面白かった映画をいくつかご紹介したいと思います。

 

川の底からこんにちは 2010年日本


川の底からこんにちは予告youtube

中の下の女!

この言葉のインパクトが大きかった。

あと、彼氏の娘に「私の事、殺すの?」みたいなこと言われるシーンが

なかなかのブラックジョークだと思いました。

綺麗事言って仲良くしましょうって言うより、

子連れとの再婚を考えさせられる映画ですね。

 

ナイン・ハーフ 1986年アメリカ


『ナインハーフ』 予告編

30年前の映画だったんですね。この日本版のCMも、なかなか時代を感じさせます。

光と影、映像が美しい!

 

アンストッパブル 2010年アメリカ


映画『アンストッパブル』予告編

実際にあった列車が暴走する事件を元にした映画です。

こういう実際に起こった事件ものは、おもしろいですよね!

(実際に起こったら怖すぎですが・・・)

最初から最後まで面白かったですし、

ハラハラする映画は見ていてストレスがたまることがありますが

それが無かったのも良かったです。

 

彼女を見ればわかること 2000年アメリカ

(日本版の予告が見つかりませんでした。字幕なし。)

5人の女性の人生を描いた、オムニバス映画です。

作品タイトルがこの映画を見るヒントになっていて、ちょっとオシャレ。

彼女達を見ていればわかるので、説明的では無いんですよね。

これを撮ったのが男性監督というのは驚きました。(ロドリゴ・ガルシア監督です)

 

ちゃんと伝える 2009年日本


ちゃんと伝える

※ 予告が結構なネタバレです!見ないで映画を見たほうが私は良いと思う ※

映画の作り方がおもしろかったです。生きることはつらい。

ロケ地の東三河が素敵です(^^)

主演のEXILEAKIRAさんの今の姿を見てびっくりしました。別人みたい!

あと、園子温監督の映画初めて見ました。

なんか、いろいろビビッてたんですがビビる必要は無かったんですね。

他の作品も見てみよう。

 

まとめ

手帳に見た映画のタイトルと一行感想を書いています。

特に面白かった作品には、タイトルに印をつけていたので

その作品を紹介しました。2015年は5作です。

 

今見ると、なぜこの5作だったんだろう?という気がしますが

その時の感覚の方がごちゃごちゃ考えてなくて良いように思います。

今選んだら、バランスとか考えちゃいそうだしね。

広告を非表示にする