なんだか上手く生きれないOLのブログ

そんなにネガティブでは無い

岩井俊二のMOVIEラボシーズン2 第二回「闘う」

『闘う』というジャンルの映画は全然見ませんが、

広い意味だといろいろありますよね。

法廷で闘うとか、親と(精神的に)闘うとか・・・。

でも、なんかしっくりこない。それなら、闘うより戦うの方がしっくりくる。

 

私の中で映画で闘うっていったら、ブルース・リー燃えよドラゴンとか

やっぱりそういうイメージ!

と、言っておきながら『燃えよドラゴン』見たことない\(^o^)/ヒィィィ!

 

そんな闘う映画に無知な私が、『闘う』で選んだ映画をご紹介します。

イースタン・プロミス(2007年イギリス・アメリカ・カナダの合作)

※ R18映画なので注意!ちょっとグロテスクなシーンもあります。

イースタン・プロミス一択!!

この映画しか思いつきませんでした。

予告にもありますが、サウナでの全裸戦闘シーンインパクトがすごい。

全裸ということにもドキドキしますが、

武器を何も持ってない状態で闘うことの怖さもすごく感じました。

 

この記事を書くまで、タイトルも映画の内容も完全に忘れてましたが

全裸戦闘シーンだけは忘れてなかった。たぶん一生忘れない。

そして、『全裸 戦闘シーン イギリス ロシア 映画』と記憶にある単語だけで

この映画に辿りつけたことにちょっと感動しました。

 

予告見て、興味持った人は是非是非。

私は久しぶりに見てちょっと怖気づきました。(^^;)>

イースタン・プロミス [DVD]

イースタン・プロミス [DVD]

 

 

他の映画も考えてみました

けど、やっぱり『闘う』でしっくりこなかったので、今回は1作品。

八日目の蝉もいいかなーと思ったんですが。

 愛人が、付き合っていた男性の子どもを誘拐する話です。

この話で『闘う』を連想したのは、愛人と本妻の関係ですね。

直接殴りあって喧嘩をするんじゃなくて、子どもを誘拐して家族を滅茶苦茶にした事。

誘拐した子どもとの生活を守ろうと必死に闘っていた事。

愛人の女性が、堕胎したことで子どもが産めない体になったしまった事も辛すぎた。

(本妻は堕胎せずに産んだので。当然といえばそうなのですが。)

 

見ていてなかなか辛いですが、とても良い日本映画です。

 

MOVIEラボの話題

シーズン2は未来の映画監督たちによる1分スマホ映画が充実してますね。

前やってた時より、取り上げる本数が多い!

www.nhk.or.jp

こちらのページで1分スマホ映画『闘う』が見られます。

私はこの中では『達人』が好きです。(^^*) 面白かった~!

日が暮れてしまったのも、いい味出してて良かったと思います。

やっぱり、映画撮るのって1分間とはいえ時間がかかるんですね。

 

あとあと、岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』が来月公開。

この本の帯に書かれていた、

「この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ」

という言葉を見たらとても見に行きたくなりました。

なんかすごく今忘れてることを突きつけられた気がして・・・。

この映画を見て取り戻せるかな?

気になる映画です。


『リップヴァンウィンクルの花嫁』予告編

 

リップヴァンウィンクルの花嫁

リップヴァンウィンクルの花嫁

 

 SNSで知り合って~とか設定が今っぽい所も気になりました。

広告を非表示にする