読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだか上手く生きれないOLのブログ

そんなにネガティブでは無い

腹は立つけど怒れない

良い人でいようとして、まったく怒らないのは良くないことである。

感情のない人は人間らしくない。

これは今読んでいる本、『賢く生きる知恵』に書かれていた言葉です。

賢く生きる智恵 (East Press Business)

賢く生きる智恵 (East Press Business)

 

 ・・・そういえば、自分が怒った記憶って全然無いな。

腹を立てることはあるけど、怒ることは自然と我慢して外に出さない様にしてた。

結果、感情のない人だとまわりに思われてもおかしくなかった。

知り合いに怒れない人がいた

何年か前知り合った人に、怒らないことを悩んでる人がいました。

知人「怒ったりすることがないんだよね~」

私(`・ω・´)「それって長所じゃない?すごく羨ましいよ」

(・・・とかいいつつ、私も怒ることは全然してなかった)

 

この人と話をしたとき、初めて『怒る』ということを意識して考えました。

その時は『怒らない=完全に長所』だと思って、それ以外考えが及ばなかった。

でも、いろいろ考えたり生活していくと結構良くないことだと気づきました。

 

怒って欲しいことはたくさんある

嫌だと思ったら怒って欲しい。

怒られないと気付けないことって結構ある。

逆の立場で、「なんでわかってくれないんだろう?」って思ったこともあったけど

言われないとわからないことって結構多いと思う。

 

薄々、「これはしちゃまずかったかな?」って気づいても

どっちかわからない時は「嫌だった」ってはっきり判断を下してくれた方が

多少は傷つくだろうけど、結果としては助かるし次に繋げられる。

 

それに怒られることが楽しいコミュニケーションになる事もある。

素直に「ごめん」って謝ることが、気持ちのいい時もある。

 

一番最悪なのは、ずっと我慢してて我慢しきれなくなった時に

「ずっと嫌だった」って言われること。

これほど相手を苦しめることはない。

それなら早い段階で怒ってくれたほうが、相手も助かる。

 

だけど『怒れない』という問題もある

どう怒っていいかわからない時、面倒になって怒るのをやめてしまう事もある。

怒られたら嫌われるかもしれないと思って、言えないこともある。

どっちも自分の都合。

 

あと、単に『怒る』経験値が低すぎて結果として出来ない人もいる。

私はこの経験値、かなり低いです。

『怒る』より『我慢する』方で経験値を積み上げたタイプ。

今からどうにか出来るのかな~。

軽めのイラッなら、冗談っぽく「なんだと~!」って怒ったりしますけどね。

(怒ってると思われなくて、笑われることもしばしば。)

 

あえて怒らないこともある

なんだかこの人とはもう付き合いたくないな、と気づいた時

その人に対して怒って、

相手がそれを改善する努力をしたら嫌だと思ったことがあります。

今思えば、怒れば良かったけど。(^^;)

その時は、もう関わり合いたくないのにその短所が改善する努力をされたら

なんだかプレッシャーを感じると思ったんですよね。

 

よく怒ってくれるのは、愛情があるから、良くなってほしいと思ってるから

という話を耳にしますが、その通りだと思います。

怒ることって、私にとっては面倒くさい。

怒って逆ギレされたら、さらに面倒くさい。

そういう面倒くささがあるのに、相手に怒るってことは

良くなってほしいって期待しているからだと思います。有り難いことです。

 

いろいろ反省

怒ることについて、思いつくままに書いてみました。

自分の今までの行動に反省する所が多かったです。

感情ある人間らしい人になるぞ~(一応感情はあるんだけど表に出ない)


妖怪人間ベム(Yokai Ningen Bem)op

はやく人間になりたい~ ♪

広告を非表示にする