読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだか上手く生きれないOLのブログ

そんなにネガティブでは無い

謎のメモ ストライクゾーンが広い=市場が大きい

いい子症候群

時代が違う

人から欲しがられる

ストライクゾーンが広い=市場が大きい

研究開発を怠らない

自分の物差ですすめていく

シグナリング スクリーニング

幸せは人と比べたら不幸せ

 私はメモ魔なので、TVを見たり人と話をする時にメモを取る癖があります。

さっき、↑の言葉が書かれたメモを見つけたんですが

何のことかさっぱりわからない。

この言葉の羅列で何のことかわかりますか?(無茶振り)

 

しばらくこの単語見てたら思い出しました

NHKで放送された『オイコノミア』の「モテの極意」回のメモだ!

www4.nhk.or.jp

NHKで!

経済番組で!

真面目に異性にモテることについて考える!

なかなかおもしろい番組でした。

 

恋愛市場も需要と供給

覚えてる話をいくつかご紹介。

自分はどういう人間で、どういう場所に行けば需要があるのか分析をして行動する。

これはなかなか面白い考えだと思いました。

異性との出会いが欲しかったら、単純に合コン・街コン・婚活イベントに参加する

・・・んじゃなくて、需要がありそうな所へ行く!

たしかに、合コンで需要がある可能性が高いのは『可愛い子・話し上手な子』だろうし

その需要に答えられ無さそうなら別の所へ行ったほうがいいかもしれませんね。

(合コンと言っても、いろんなシチュエーションがあるので需要も様々でしょう)

 

逆に合コンで需要のある男性って、『話し上手で短時間でわかる魅力のある人』かな?

だんだん好きになっていくというより、「この人気になる」「また会いたい」って

きっかけを作れるかどうかな気がします。(それか押しの強い人)

そう考えると、自分が供給出来るもの

リストアップしておくといいのかもしれませんね。

 

あとは異性のたくさんいる所に行く。これはシンプル!

女性だったら、男性が多そうな趣味を始める。

男性だったら、女性が多そうな趣味を始める。

その趣味が好きな人にとって、異性目的の人は嫌だ!っていう事もあるので、

バレないように~・・・(逆にバレたほうがいい場合もありそうだけど)。

これはこれで、面白そうですよね!違う世界が楽しめそうだし。(^^)

 

ストライクゾーンが広い=市場が大きい

この考え方も面白かったです。

20代~50代までOKな人は、市場が大きいということになりますね。

20代じゃなきゃ嫌だ、という人は自分の市場が狭いという事を

自覚する必要があるのかも。

市場が大きければ繁盛するってわけでは無いですけどね。

 

シグナリングとスクリーニング

経済学の専門用語だー (;´Д`)

f:id:soi7soi:20160228114316p:plain

たぶんこういう意味だと思う・・・。

 

人付き合いだとよくあることですよね。

シグナリングをしている、スクリーニングをしているという意識を持つと

もっと上手に出来そうな気がします。

私はどういうシグナリングをするのが有効なのだろうか?

(相手が興味を持ちやすいシグナリングとか)

あと、スクリーニングは手当たり次第というか思いつくことを聞き出すことが

多いので、『目的』のためにどんな情報を聞き出すのが有効か

一度考えてみることも必要かもしれません。

まずは打ち解けたいので、

出身地や趣味や日常、仕事のことを聞き出すことが多いな~・・・というか

それ以外思いつかない。(^^;)

これを聞くと相手の本質が結構わかる!って魔法の質問(悪魔の質問?)って

あるのかな?

 

ちょっと思い出した余談

前に、知り合って数分しかたってない人と

大阪都構想について話をしたことがあります。

なんで、どうやってその話題に辿り着いたのか謎すぎるのですが

チャラそうな人がそんな政治のことを真面目に話したことが衝撃で

好感度が急上昇しました。(失礼)

言ってることも「大阪都構想まじやべぇ」とかそんな感じじゃなくて、

具体的で話をしていて楽しかった。

そもそも、政治の話って考えが違うと、心の断絶が起きることもあるので

なかなか話しづらい話題なんですよね。

そういう話題の方が合致した時、距離が一気に縮まることってあるのかも。

レアポケモンに喜ぶような感覚かな?

f:id:soi7soi:20160228120807p:plain

※ ポケモンやった事ないので、適当なイメージです。(^^;)

 

恋愛市場におけるレアとコモン

普通に考えて、コモンの方が需要はありそう。

女性に奇抜さや個性は求めてない、普通でいいんだって話はちょいちょい聞きます。

逆もしかり・・・かは微妙ですよね。

普通の男性が一番のような印象もありますが、

女性は結構男性に個性を求めてるような気もしますし。

 

コモンの方が需要があるんだ・・・じゃあ私、コモンになります!

っていうのはもったいない。

そういう気持ちはとってもわかるんだけど、個性ほど有益で面白いものも

ないと思うんですよね。なかなか言葉にするのは難しいけど。

歳を取ると個性って薄まっていく気がするんですよ。

無くなってから取り戻そうとしても、なかなか難しいのではないかと。

 

モテるための本読んで、別人になっちゃう人とか。

結局は個人の選択と結果で世の中はまわっているんだけど。

 

なんだかよくわからなくなってきた

考えても仕方がないみたいな着地点になってしまいました。

ちょっと、自分の過去を反省しながら書いてました。

普遍的な人であろうと目指した時期があったので。

結果は、やってよかったような気もするし、反発する気持ちも強くて

どっちが良いのか自分でもよくわからなかった。

人生ってそういう試行錯誤の繰り返しなのかな。

 

最後に

幸せは人と比べたら不幸せ

これはその通りですね。肝に銘じておかなくちゃ。

 

↓『オイコノミア』について面白い記事あったので、貼っておきます。

経済学番組なのに、なぜかまったり。生存競争が激しいTV番組のなかで「オイコノミア」が3年続く理由 | ベストチーム・オブ・ザ・イヤー

広告を非表示にする